チャンピックスに副作用はあるのか

煙草を吸わないことを禁煙と言います。
禁煙は、今までは自分で強い意志を持って行うものでした。
しかし、ついまた吸ってしまうという問題もあり、健康被害が拡大していることから、病院で治療をすることができるようになりました。
これを、禁煙外来と言います。
禁煙外来では、禁煙補助薬を使用します。
この禁煙補助薬の名前は、チャンピックスです。
チャンピックスは、禁煙開始予定日の1週間前から服用します。
そして、服用してから8日目に禁煙が始まります。
チャンピックスを服用することで、自然に煙草を吸わなくなる人もいます。
そういう場合は、8日目を待たずに禁煙を始めることができます。
そして、計12週間チャンピックスを服用します。
とはいえ、聞いたこともない薬の人が多く、チャンピックスに副作用はあるのか不安に思う人も多いです。
チャンピックス 副作用は、必ず症状が出るとは限りません。
主な副作用は以下の通りです。
まずは吐き気、頭痛、上部腹痛、お腹の張り、便秘など体の不調を示す症状です。
この他にも、不眠症になったり、普段と違う夢を見る時も、注意が必要です。
このような症状が現れた時には、医師や薬剤師に相談が必要です。
また、このような症状以外にも、普段とは違う症状が出た場合は、必ず医師などに確認することが適切です。
さらに、上記のような副作用が出た場合の事故を防ぐため、服用後は自動車の運転などは控えなければなりません。
その他にも、危険を伴う機械の操作にも注意が必要です。
最初はチャンピックスの量は少量から始めますが、徐々にその量が増えていきます。
よって、最初は副作用が出なかった人でも、後から症状が出る場合もあります。
よって、適切な量をきちんと服用することが大切です。